1. TOP
  2. 外国人講師派遣

外国人講師派遣

キンダーコース(4〜6才)

キンダーコースの概要

お友だちとの遊びややりとりがどんどん大好きになる時期となります。みんなでいっしょにゲームやアクティビティなどを通して英語を体感し、自然に英語に親しむようになります。また、言語表現がどんどん豊になってくるので、遊びを通して英語のフレーズを定着させ、先生やお友だちとのコミュニケーションを楽しむことに主眼をおいています。どんどん英語をインプットしていく時期でもありますので、英語の歌やチャンツなどたくさん聴くことで発語の土台を養うことができます。また、文字への興味を引き出し、アルファベットや自分の名前などからはじめ「読み書き」に挑戦していくことも目指します!

キンダーコースの目的

  • 先生の英語での指示に対して理解し行動することができる。
  • 身近な単語や簡単なフレーズを聞き取り理解することができ、また自分でも言えるようになる。
  • 数字カードや絵カードなどをたくさん使い、語彙力を増やしていく。
  • 先生やお友だちと英語を使って、ごく簡単なコミュニケーションができるように。
  • 大文字/小文字のアルファベットを読み書きにしたしむ、またフォニックすを通してそれぞれのアルファベットの音を理解する。
  • 簡単な自己紹介できる。

FunFunコース|キンダーコース(4〜6歳)楽しさ重視のクラス!

主な項目レッスン内容教材
あいさつの時間みんなで輪になってHello songを歌い、英語での挨拶の表現に親しむ。また、歌の後は実際に、先生と挨拶や簡単な会話を楽しむCD
パペット
タンバリンなど
お天気とカレンダー歌を通して、天気の表現や月、曜日の単語にしたしむ。歌の後は、実際の天気や、きょうの日付を確認する。
数字10以上の数字もレッスンですこしずつ取り入れて行く。また、ゲームやアクティビティを通して数字が自然に言えるように。
エクササイズ全身を動かしながら英語を表現する。
身近な単語にしたしむ
ゲームやアクティビティを通して、身の回りの様々なものの単語に親しむ。まずはインプットからアウトプットへ。
アルファベット/フォニックス大文字/小文字のアルファベットの認識する。フォニックスでそれぞれの音を確認。
絵本季節、またはその月のトピックなど、絵本にしたしむ。
おわりの挨拶Good Bye song をとおして「さよなら」の表現にしたしむ

スクールコース(小学生低学年)

スクールコースの概要

フォニックス専用の教材を使用し、毎回のレッスン時間で10分ほどフォニックスの時間をとり、アルファベットの読み(大文字小文字)から始め、身の回りの単語や簡単な文章の読みができるようになることを目指します。「書く」ことにもチャレンジ。アルファベットや自分の名前、家族の名前など身近なことから取り入れ、継続的に「書く」練習をします。「単語」をただ覚え、語彙を増スクールコースやすだけではなく、日常で使うフレーズをたくさん取り入れ、学んだ表現を繰り返しレッスンで使います。英語を使って自分の意見や思いを表現できるように目指します。

*実際に使用する教材/フォニックスの教材、ラーニングワールドテキスト、ワークブック、リーディング用教材(※こちらはオプション)

スクールコースの目的

  • フォニックスを取り入れ、読み書きの土台をつくる
  • 先生やお友だちと簡単な英語でのやり取りができるようになる
  • 自分の知っている語彙で自分の言いたいことを表現する
  • 自分や家族のことを英語で紹介できるようになる
  • 正確な発音を身につける
  • 英語を話すことに自信を持てるようになる

GoStudyコース|スクールコース(小学生低学年)英語で自己表現するクラス!

主な項目レッスン内容教材
あいさつの時間みんなで輪になってHello songを歌い、英語での挨拶の表現に親しむ。また、歌の後は実際に、その日の気分や学校での出来事など先生やお友だちと簡単な会話を楽しむ

お天気とカレンダー天気の表現や月、曜日の単語、誕生日の表現などを通じて日常会話の基本的な表現を学ぶ
フォニックス
アルファベット大文字小文字の認識ができるようになったあとは、10分ほどフォニックスの時間を取り、読み方の練習をくりかえす
エクササイズ全身を動かしながら英語を表現する。
テキスト
テキストのトピックに取り組む。単語だけでなく色々なセンテンスに親しみ、英語での表現力をみにつけていく

ワーク
ワークブックに取り組む。
絵本季節、またはその月にトピックの絵本にしたしむ。
おわりの挨拶レッスンの感想や意見などを伝え合う
テキスト/ワークブック「歌やチャンツ」で楽しく効果的に定着をはかり、「英語を実際に使うコミュニケーション活動」を継続に行います。
フォニックス毎回のレッスンで10分程度フォニックス専用の教材を使用します。
リーディング基本語彙、英語表現が繰り返されている音声CDつきのリーディング用絵本を使います。
スクールコースで使用するテキストの例
自分の考えを英語で発表します