1. TOP
  2. 代表者挨拶

代表者挨拶

こども英語けいはんなから皆さまへ…

こども英語けいはんな 
代表 東山 庸恵

こども英語けいはんなのはじまりは….私の自宅のリビングでした。当時1歳半だった息子とそのお友達数人ではじめた英語サークル。講師にはバイリンガルの知人をお招きして。まだ1歳半…できることは限られています。その中で保育経験のある私と講師とで、どうしたら子どもたちが、楽しく英語レッスンに取り組んでくれるか…いろんな工夫が必要でした。

そのかいがあって、子どもたちは英語レッスンの時間を楽しみにしてくれるように。でも1歳半のこどもにとって45分は長い時間。ずっと集中できるわけではありません。その日の気分もあります。大切なことは、こどもたちが「この場所が楽しい」と感じること。たくさんの歌を歌ったり、英語で語りかけてあげること。

そうするとなかなかレッスンに集中することができなかったお友達も、ある日突然英語のアウトプットをはじめます。これらの経験をもとにこども英語けいはんなでは「楽しく学ぶ」「たくさん話しかける」「継続する」ことをとっても大切にします。

また、子どもたちの年齢や成長に応じて、楽しめること、できること、全然違います。そのため、同じテーマであっても、お子様の成長にあわせてレッスンプランに変化が必要です。

1歳半だった息子も今では小学6年生。こども英語けいはんなも、ご利用くださる皆様のおかげで、少しずつ成長し、進化しています。今ではベビー〜小学生までレッスンを継続していただけるようになりました。たとえ1週間に1回や2回であっても、小さなころから継続して続けることは、大きな結果をうむと信じます。お家で大好きなお母さんやお父さんといっしょに英語の歌を聞いたりDVDを観ることもよいでしょう。日本人が英語を習得するには数千時間必要とも言われています。その点から見ても小さな積み重ねが非常に大切です。こども英語けいはんなは、より多くのお子さまが、英語をコミュニケーションのツールとして使えるように、あらゆる面からサポートしてまいりたいと思っております。無理せずに、無駄なお金を使わずに、継続してレッスンを受講していただだけるよう、これからも工夫してまいります。

プロフィール

東山 庸恵(ひがしやま やすえ)
2男1女の母。息子の英語サークルをきっかけに講師派遣&共同購入型の英語スクール「こども英語けいはんな」をはじめる。幼稚園教諭Ⅱ種免許、日本アタッチメント育児協会認定ベビーマッサージ資格など保持。保育や育児経験を活かし、自宅でベビマ教室やおやこ英語教室も開催。2018年度よりロボットプログラミング講師としても活動を開始。「未来を自分で切り開く力を」をキーワードに英語とプログラミングで子どもたちをサポート。現在、いこまの魅力を伝えるいこまち宣伝部4期生として、生駒の街の魅力を探索中。